きむら あきらこのセミナー開催情報

3種のチューリップを使ったアレンジメント〜「春」を感じさせる工夫が随所に!(2/12〜)

時間・行動・お金をコントロールする術を、ブログでお伝えしています。税理士で逆算手帳・第0期認定講師のきむら あきらこ(@kimutax)です。

今週の事務所のお花は、みんなから愛されている花・チューリップを、3種類(恋心、ベロナ、ベロナサンライズ)使ったアレンジメント。

きむら

春気分が高まる工夫が随所に凝らされています。

2月12日の週のお花

私の事務所では生花を飾ってます。用賀のお花屋さん・Beone(ベオーネ)さんに、週替わりで花を活けて頂いています。

事務所に花を飾る理由はこちら(旧ブログ)。

今週のお花は、チューリップをたくさん使ったアレンジメント。万人から好かれそうですね。

週末から暖かい日が続いていたこともあり、事務所に一気に春が来たような気分になりました。

それでは、アレンジメントに使われているお花を紹介します!

チューリップ

今回、アレンジメントに使われているチューリップは3種類。

恋心(パーロット咲きピンク)

ベロナ(クリーム色八重)

ベロナサンライズ(ベロナに赤い差し色)

チューリップは1種類だけどーんと活けるのもスタイリッシュで好きですが、こうやって花弁の形・色・大きさが違うものをミックスすると、リズム感が出てより春めく感じがします。

チューリップの花言葉

ピンク…「愛の芽生え」「誠実な愛」
黄色…「望みのない恋」「名声」

きむら

恋人に黄色いチューリップを贈るのは注意したほうがよさそうです。

菜の花

チューリップをそっと下でささえる愛らしい菜の花も、春感を演出しています。

菜の花を見るとすぐ「辛子和え…」と連想してしまう飲兵衛な私を許してください。

菜の花の花言葉

菜の花の花言葉は、「快活な愛」「競争」「小さな幸せ」「快活」「活発」「元気いっぱい」「豊かさ、財産」と、ちょっと欲張りすぎなくらい多いです。

小さな愛らしい花姿、黄色い色、野に咲く野性味から来ているのでしょうね。

アレンジを上から見た様子

▼上からみると、菜の花がいい仕事しているのがわかります。

▼日が暮れてから、パチリ。

つぶやき

きむら

つぼみのチューリップもいいけれど、八重の開ききったチューリップも、春のおとずれを感じさせてくれてとてもいいですね。