税理士きむらあきらこのセルフコントロール研究所
セミナー・イベント開催情報

逆算手帳の表紙をカスタマイズ!家庭科「2」の私でもできたカープ×スワロフスキーデコ

逆算手帳の活用法をブログでもお伝えしています。逆算手帳・認定シニア講師のきむら あきらこ(@kimutax)です。

2018年版・逆算手帳の表紙を、スワロフスキーのカープロゴでデコレーションしてみました。

きむら

逆算手帳ユーザーの方は、いつも逆算手帳を手許に置いておきたくなるように、お気に入りのデコレーションやカスタマイズをほどこしてみましょう!なぜデコやカスタマイズをするといいのか、その理由も書いてみました。

逆算手帳の表紙デコレーションに挑戦!

逆算手帳は、非常にシンプルないでたちをしているのが、外見上の特徴です。

男性が持っても女性が持ってもサマになるし、カジュアルにもフォーマルにもしっくりくる。まさに、絶妙なデザインです。

きむら

とてもシックでシンプルな逆算手帳。そのままでも充分カッコいいですが、カスタマイズやデコレーションをすると、これまた映えるんです!

私も、2018年版逆算手帳の表紙を、購入早々昨年秋にデコってみました。

カープのユニフォームとお揃い!スワロフスキーでデコる

気分がアガるデコがいいなぁ、と、構想を練り始めて1分もせずに即決です。そりゃ私の場合、カープしかないでしょう。

しかも、誰も持ってないようなあでやかなものにしたい。カープの選手たちの煌めきも表現したい!ということで、カープのロゴを、スワロフスキーで表現してみることにしました。

実は、既にレプリカユニフォームでスワロフスキーのデコレーションには挑戦済み。

その時の材料や道具を使って、今度は逆算手帳の表紙デコにチャレンジです!

用意するものはたったの2つ

用意するものは、基本的にたったの2つです。

▼まず、スワロフスキー。

赤やピンク系統のマルチカラーで、さまざまな大きさのストーンを用意。

きむら

同じ色・同じ大きさのストーンで揃えるより、マルチのほうが光に当たった時のキラキラが断然違うんです!

作業前に、この写真のように、大きさごとに平らなところに並べておくと、作業がしやすいですよ。

私は、貴和製作所さんの「ホットフィックス」というスワロフスキー・クリスタルを使いました。

ストーンに既に糊がついていて、専用のアイロン(ホットデコペン)の熱でその糊を溶かし、狙いを定めて1粒ずつ貼り付けていきます。

▼Amazonにも、何種類か取り扱いがあるようです。

▼ホットデコペンはこちら。

自分がホットデコペンを操作している様子は、ちょっと自撮りできないので、貴和製作所さんのページからの借り物ですが、こんな感じで操作します。

注意
作業中は、ナメちゃいけないくらいの高温の熱が出ます!火傷やコンセントからの抜き忘れには、くれぐれもご注意を。(だから写真撮影している余裕がないのです!)

家庭科「2」の私でもできた!作業工程はこんな感じ

まずは、逆算手帳の表紙に、次の手順でカープロゴを転写します。

  1. Carpのロゴを厚手の紙に印刷
  2. ロゴをカッターでくり抜く
  3. くり抜いたロゴを慎重に鉛筆でなぞりながら逆算手帳に転写。

なんとも、アナログな方法でスミマセン。

▼転写したロゴの内側に、大き目のストーンから置いていきます。

コツですか?テキトーです。強いて言えば、同じ色のストーンがなるべく隣合わないよう、バランスに気をつけたくらいでしょうか。あと、ストーンは小さなものから置かない方が良いです。大きい石の配置に、制約が出てしまいますので。

▼大きなストーンを置いたあとは、中くらいのストーン。最後に小さいストーンと、色味を考えながら、順に置いていきます。

厚手のダンボールを敷いて作業しているのは、ホットデコペン対策のため。作業中のホットデコペンを机の上に直置きしようものなら、机が焦げてしまいますので。

作業の難易度は、決して難しくはないですよ!私は中学3年の時の通信簿で、家庭科が10段階で2という、目を覆うような酷い成績でした。とにかく、雑巾すら縫えない、ミシンをかければ糸が必ず絡むという、致命的に裁縫や手芸が苦手な人間なんです。そんな不器用な私でも出来るので!

が、ただただ、ひたすら根気が必要な作業です。

きむら

Carpのロゴじゃなきゃ、こんな作業、出来ません!技術は不要ですが、愛が無いとできない作業です。

完成!

▼とにかく、隙間なくストーンで埋めましょう。

下書きの線の内側にキッチリおさめるようとすると、ロゴが少し痩せ細って見えちゃうので、多少外側に飛び出るくらいの勢いでストーンを置いても大丈夫です。

きむら

隙間を埋める用に、小粒の石を多めに用意しておくといいですよ!

隙間さえ埋めれば、多少凸凹していてもサマになって見えます。完成品を見たら、苦労が報われます。

▼逆算手帳の表紙もうっすらと上品なラメ使いなので、キラキラの相乗効果がすごい。

ちょっと鉛筆のあとは気になるけれど、心を込めた自作のノートは、そんな不恰好なところも含めて愛着が湧くというものです。

制作所要時間は、1時間半ほどでした。

逆算手帳では、なぜデコやカスタマイズを推奨するのか

逆算手帳では、表紙や中身のデコレーションやカスタマイズを推奨しています。

なぜなら逆算手帳は、あなたとこの1年間を伴走するパートナーだからです。

きむら

逆算手帳を常に手許に置いて、まめに見たり振り返りをすることが、夢実現のためにはとても大切。いつも逆算手帳と一緒にいたくなるよう、お気に入りのデコレーションやカスタマイズをほどこしてみましょう!