きむら あきらこのセミナー情報

ヒップタッチに参加しない鈴木誠也にプロ意識を見た(2018年3月31日カープ6-3ドラゴンズ@ズムスタ)

「カープ 税理士」Google検索1位のきむら あきらこ(@kimutax)です。カープやライオンズの試合を観に行った感想を、自分で撮影した写真を混じえてブログにアップしています。

試合後の鈴木誠也選手のある仕草に、彼のプロフェッショナルな一面を見ました。

きむら

よく知らないと、明るいお調子者にしか見えない誠也ですが、野球に関してはとても真面目な選手なんですよね。

3月31日(土)広島 vs. 中日 2回戦

この日は、マツダスタジアムは初めてという友人と一緒に観戦。「カープファン見習い」を自称する友人に最初に

きむら

今日投げるジョンソンとキャッチャーの石原ラブラブバッテリーで、ジョンソンが投げる日は、彼のたってのご希望で、石原がマスクを被るんだよ。

と話すと、なぜかとてもウケてくれました。

さて試合はどうなったかと言いますと…

123456789R
中日
2
0
0
0
0
4
0
0
0
6
広島
1
0
2
0
0
0
0
0
0
3

3月31日中日戦 ジョンソン揺るがず 7回1失点 | 広島東洋カープ | 中国新聞アルファ

カープは1点ビハインドで迎えた4回裏、石原ジョンソンの連続タイムリーなどで一挙4点を奪い、逆転に成功します。

最初は、ドラゴンズ初先発のジー投手がなかなか良くて苦戦するかも…と思いましたが、うまく攻略してくれました!

続く5回には、丸の2ランでリードを広げ、投げては、先発・ジョンソンが7回1失点の好投。この日の天気のように、スキッと爽快な試合になりました。

そして、ラブラブバッテリーの投打にわたる活躍に、友人も大喜びしてくれました。

ここに注目「誠也がヒップタッチしない理由」

カープの写真を撮影していて、撮りたいものの1つに、勝利の時に目にすることができる「ヒップタッチ」があります。

「ヒップタッチ」とは、勝ち試合で野手が戻ってくる際に、外野手3人(時には野手全員でやることも)がセカンドベース付近で飛び上がって、喜びを表現するアクション。

勝ち試合を象徴するシーンでもあるし、これを上手に撮影できると、嬉しいんです。私も今まで何度か撮影にチャレンジしました!

ところがこのヒップタッチ、勝利に浮かれていると一瞬のことなので、ついつい撮影を忘れてしまうんですよね。

そこで「今日こそはヒップタッチを撮るぞ!」と、張り切って勝利直後から、外野手陣に合わせてカメラを構えていたところ…

誠也(鈴木誠也)はヒップタッチに加わりませんでした!

最初、お調子者の誠也のことだから、ふざけて敬礼をしているのかと思ったのですが…

そうか…と、己の思慮の浅さを反省しました。

▼昨年、骨折した時の、私のツイート。

まだこの骨折から、7ヶ月が経過したばかり。

足を庇う誠也に、プロ意識の高さを改めて感じました。

編集後記

きむら

誠也のことを「裏切り者め」と言ったのは、もちろん、親しみと愛情を込めてのことだったのですが、反省しました。
私のツイートを見て不快な思いをされた方もいらっしゃるかもしれませんね。ごめんなさい。