税理士きむらあきらこのセルフコントロール研究所
セミナー・イベント開催情報

今村猛投手の表情の変化から、彼の優しさを知る(2018年4月1日カープ8-3ドラゴンズ@ズムスタ)

カープ 税理士」Google検索1位のきむら あきらこ(@kimutax)です。カープやライオンズの試合を観に行った感想を、自分で撮影した写真を混じえてブログにアップしています。

きむら

この日はファインダー越しに、今村猛投手の魅力を再認識しました。彼、すごく優しい人だと思います。

4月1日(日)広島 vs. 中日 3回戦

123456789R
中日
0
0
0
2
0
0
0
1
0
3
広島
0
1
0
1
2
0
4
0
X
8

4月1日中日戦 下水流・エル奮起、4番鈴木の穴埋める | 広島東洋カープ | 中国新聞アルファ

カープは1点ビハインドで迎えた4回裏に丸のソロホームランで追いつき、5回には広輔(田中)の2点タイムリーで勝ち越し。7回にはブラッド(エルドレッド)の3ランなどでダメ押しをするという、まさに「これ以上ない」という快勝!

今期の開幕カード3連勝という、上々のスタートを切ることができました!

ここに注目「タケル(今村猛)のポーカーフェイスの秘密」

そんな試合の中で、私は3番手投手のタケル(今村猛選手)の表情を撮影していて、あることに気づきました。

今村投手、世間からは「ポーカーフェイス」と言われています。

ところが、カメラを始めてわかったのですが、彼、けっこう表情豊かで、フォトジェニックなんです。

撮っていてこれほど面白い選手は、そうそういません。

今村投手の熱烈なファンの方曰く
「目と口がちっちゃいので動きがわかりづらいけれど、実は表情豊か」
なのだそうです。納得。

この日も最初は、微妙なボールの判定に、ぷーっと頰をふくらませたりしていました。可愛い。

ところが、味方のまずい守備などもあり、ピンチを迎えます。

そこで気がつきました。

タケルは、こういう場面になると、途端に無表情になるんです。

「そうか!野手への気遣いで、無表情になるんだ!」ということに、気づきました。

後は、淡々と黙々と、投げます。

フィールディングの時も、無表情。

ピンチを切り抜けて、マウンドを降りる時も無表情でした。とはいえ、安どの表情が少し伺えますね。

味方に気遣いをして、途端に鉄仮面になる今村投手の優しさ。そんな一面に気づいたら、タケルに惚れてしまうっ!

そしてタケルの魅力には、カメラで選手を撮り始めたことで、気づくことができました。

カメラを始めて良かった!

編集後記

今村投手は高校時代、春の選抜で優勝投手となった選手です。

彼の高校・長崎県立清峰高校は、離島を除くと日本最西端の高校。

地方の県立高校が甲子園で優勝したことで、当時とても話題になりました。まさに今村投手中心のチームでした。

きむら

もしかするとタケルは、公立校の野球部を引っ張る存在だったので、『自分がしっかりしなければ』と、ピンチの時ほどポーカーフェイスになる術を身につけていったのかもしれませんね。だって、ほんとうは表情豊かな子だもの。