きむら あきらこのセミナー開催情報

好調カープと不調巨人の対戦は、蓋を開けてみればトホホな展開!(2018年4月13日カープ2-10ジャイアンツ@東京ドーム)

カープ 税理士」Google検索1位のきむら あきらこ(@kimutax)です。カープやライオンズの試合を観に行った感想を、自分で撮影した写真を混じえてブログにアップしています。

きむら

今シーズン出だし好調のカープと、不調の巨人。対照的な2チームの対戦でしたが、蓋を開けてみれば、カープに全く良いところの無い試合となってしまいました。

4月13日(金)広島 vs. 巨人 1回戦

123456789R
広島
1
0
0
0
0
0
0
0
1
2
巨人
5
0
0
0
3
0
2
0
X
10

4月13日巨人戦 野村誤算8失点 | 広島東洋カープ | 中国新聞アルファ

シーズンが開幕して、好調なカープと、対照的に不調の巨人との一戦。

先発投手も、ここまで試合を作っているカープ・野村と、らしくない投球が続く巨人・菅野の対決だったので、1回表に丸のタイムリーで幸先よく先制した時は「イケるぞ!」と思いました。

ところが巨人は、1点を追う1回裏、岡本の2ランと中井のソロホームランなどで5点を挙げ、逆転に成功。5回には、吉川尚の犠飛とマギーの2ランで3点を加え、カープを突き放します。

そして、巨人・菅野は8回1失点の好投で今季初勝利。巨人の連敗は6でストップ。

カープは、投打ともに振るわない試合でした。

ここに注目「本塁打を放ち二塁を回る岡本和真」

この日は、17時過ぎに入場したので、練習風景は撮影することができず。

▼そして、試合の様子を撮影するのに、投手や打者を撮ると、ネットの縁がかかってしまう座席。

網の部分と違いネットの縁って、望遠でもうまく飛ばすことができず、ワイヤーが少し写ってしまいます。

こんな時は、打者や投手を撮影するのは諦めて、最適な「撮影ポイント」を探します。

セカンドベース付近は邪魔なものがなく、綺麗に写せそうだったので

きむら

よし!カープの選手が本塁打を打って、二塁ベースを回ってこちらに向かってくるシーンを撮るぞ!

と狙いを定めて、待ち構えていました。が…

▼巨人・岡本和真選手(今季第3号本塁打)

▼二塁打を放った巨人・菅野投手。打撃もほんといいです。見事なX脚がチャームポイント。

このように、カープの打棒が振るわなかったので、巨人の選手ばかり写す羽目になってしまいました。

編集後記

きむら

良いところの無い贔屓の負け試合の観戦記を書くのは、決して面白いものではないのですが、、、。とりあえず今シーズンは、現地で観た試合は全部ブログに書いてみようと思っているので、頑張って書いてみました。トホホ。