きむら あきらこのセミナー情報

使って楽しい封緘印を、消しゴムはんこ作家BonBonさんにオーダーしてみた

時間・行動・お金をコントロールする術を、ブログでお伝えしています。税理士で逆算手帳・認定シニア講師のきむら あきらこ(@kimutax)です。

プロの消しゴムはんこ作家・BonBonさんに、仕事で使う封緘印を作っていただきました。

オーダーの流れは?お値段は?そしてどんなハンコになったのか。早速ご紹介します!

きむら

常日頃使う文房具は、機能的であることが大切ですが、私は「使って楽しいこと」も、同じくらい大事なことだと考えています。

そう言えば、可愛い封緘印って、無いよね!

封筒に押される「緘」のはんこ。

申告書は電子の時代になりましたが、まだまだ、紙の大切な書類を郵送でやりとりすることは多いです。

そんな時は、「担当者以外の人は開けないでね」という意味が込められている、この「緘」字の封緘印(ふうかんいん)の出番ですが、今までかっこいい or 可愛い封緘印に、出会ったためしがありません。

きむら

と言うと、「こんなお堅いハンコに、可愛さやカッコ良さを求めるのかよ!」という声も聞こえてきそうですが。。。

でも、どうせなら、少しでも心が晴れやかになる文具で、同じ事務仕事をするなら行いたいものです!

消しゴムはんこ作家BonBonさんに、封緘印をオーダーしてみた

そんな時に思いつきました!

きむら

そうだ!消しゴムはんこ作家のBonBonさんに、封緘印をオーダーしてみよう!

BonBonさんは友人ですが、プロの消しゴムはんこ作家(JESCAイレイサースタンプ協会上級資格所有)でいらっしゃいます。

彼女の手がけるはんこのクオリティの高さは、ブログや動画や現物で、既に確認済み。

そこで、BonBonさんに「緘」のオーダー印を作ってもらうことにしました。

まずは、オーダー内容をお伝え。

▼その翌日、枠の候補をいくつかいただきました。

▼候補の中から、女性らしい、リボンモチーフのものをチョイス。

▼一週間後、「こんな感じではいかがでしょうか?」と、デザイン案が。

素晴らしい。私の予想ははるかに超えた、素敵な封緘印になりそうです。

ここまでのやりとりは、全てオンライン(メッセンジャー)。あとはハンコの完成を待つばかりです。

こちらがオーダー封緘印です!

デザインの決定から数日後、ハンコが届きました!(オーダーをしてから約2週間後)

▼可愛いパッケージ。

▼木の持ち手のをぐるりと囲むレース。見た目も可愛いです。

▼版面。

▼取扱い説明書。

使用後のインク汚れは、擦らずに、ウェットティッシュ等でたたいたり、練り消しを押し付けたりするといいそうです。

また、紙製品や木製品に版面を接するようにして保管するのが、長く使い続けるコツだとか。

▼早速押してみました!

これを押したい一心で、事務仕事が捗りそうです!

まとめ

文房具は機能的であることが大事ですが、私は「使って楽しいこと」も、文房具に求めています。

きむら

使って楽しければ、仕事をどんどんしたくなるし、捗ります!
それって、充分に「機能的」ってことですよね!

その点でも、思いきってオーダーしてみて良かった!

ちなみに今回のはんこ代ですが、送料込みで2,005円。仕事のモチベーションアップに繋がる、とても良い買い物になりました。

BonBonさんのサイトはこちら!