きむら あきらこのセミナー開催情報

プロ野球年齢別配置表・読売ジャイアンツ〜巨人ファンにコメントを求めたら泣きつかれてしまったの巻

カープ 税理士」Google検索1位・2位・3位と、表彰台を独占中のきむら あきらこ(@kimutax)です。

我が広島カープの強さの秘密は、主力選手が若いことと、ポジションごとの世代間バランスが良いことだと言われています。

きむら

「本当にそれがカープの強さの秘密なのか?他球団はどんなバランスなのか?」とふと思い、カープと他球団の比較検証をしてみることにしました。

各球団年齢別配置表へのリンク

  1. 広島東洋カープ / 阪神タイガース
  2. 横浜DeNAベイスターズ
  3. 読売ジャイアンツ
  4. 中日ドラゴンズ
  5. 東京ヤクルトスワローズ
  6. セリーグ総括
  7. 埼玉西武ライオンズ
  8. 福岡ソフトバンクホークス
  9. 東北楽天ゴールデンイーグルス
  10. オリックス・バファローズ
  11. 北海道日本ハムファイターズ
  12. 千葉ロッテマリーンズ
  13. パリーグ総括
  14. 全球団総括

※この配置は順位等ではなく、ブログ掲載順です。悪しからずご了承ください。

前回のおさらい

前回は、カープとベイスターズの年齢別配置を検証してみました。

きむら

その結果、ベイスターズの若さにビックリ。ほとんどの選手がアンダー30でした!

「カープを数年遅れて追っかけているようだ」とも言われているベイスターズ。確かに、2013年のカープの年齢別配置とソックリなんです!

このまま行くと、ベイスターズは昨年よりももっと強いチームになることでしょう。

読売ジャイアンツの年齢別配置表(2018)

企画第3回目は、読売ジャイアンツを分析します。

ある意味、最も分析してみたかった球団が巨人でした。なぜなら、FAで選手を獲得→代わりに有望な若手を人的補償で取られるといったことを、繰り返しています。また、2017年のドラフトでは同年代の捕手を4名(育成含む)獲得するなど、なんだか外から見ていてもチグハグ感が拭えないからです。

きむら

リストラで働き盛りを退職させてしまったため、中間管理職を失った会社みたいな世代構成になっているんじゃないかしら?

なんて思ってました。

さて、表を作ってみました。

巨人は育成が多いので、ちょっと見辛いですね。。。カープ・タイガース・ベイスターズと比較しやすいように、育成抜きの表も作ってみました。

ジャイアンツの年齢別配置表を作ってみた感想
  • 阪神と同じく、主力の高年齢化が見て取れます。
  • 特に高年齢化は、野手に顕著です。
  • やはり、同世代の捕手がひしめき合ってますね。小林に対する信頼感の薄さの現れなのでしょうか?
  • 想像したよりも「失われた世代」的な空白はないな、と感じましたが、他のチームの投手陣は、30代以下は各年齢に必ず1人は投手がいるところ、巨人は20代に空白の年代が2つあります。1991年生まれの空白…ここはカープが大竹投手の人的補償で獲得した一岡竜司投手の年代です。ある意味、今の巨人を象徴している空白ではないでしょうか。

ジャイアンツファンの感想

まず、ジャイアンツファンの某店のマスターに、ジャイアンツとカープの年代別配置表を見比べていただいたところ、大変なことになりました。

巨人も若手が増えてると思いますが、一軍定着率が低いように思います。タイトルホルダーやランク上位選手を89年(29歳)あたりと仮定すると、それ以下の年齢の選手がベテランがへばるオールスター戦明けあたりにスタメンに出てきて、勝負どころで活躍できない場面をよく見ます。

マスター

以前の原巨人時代はベテラン(当時は30くらいの主力か)でしっかりゲーム差をつけて、若手を出場させて育てていました。今はその余裕がないのに勝負させる→自信なくす→勝負勘無いまま2軍という状況が繰り返されてます。
常に優勝を見たいですが、由伸監督も前半から若手を我慢して使ってほしいです。それの積み重ねがカープだと思います。

マスター

よくカープのスカウト力が記事になりますが、巨人もそんなに悪くないです。

マスター

きむら

そう思いますよ!だって、一岡を取ったスカウトですもん!
巨人のスカウトが、可哀想だなぁと思うことが多々あります(とった選手が人的補償で他球団に流れてしまうので…)。
ただ、巨人というブランドや、読売本社のチカラ、また、我々在京巨人ファンの「常勝」の期待感に現場首脳が潰されてる気がします。
カープは野村謙二郎時代から種を蒔けてますからね。

マスター

きむら

ほんと巨人の監督という仕事は大変だと思います…。
鹿取GMがクッションになってくれることを祈ってます。
若手でも田口とか、育っている人はいます。
原の最終年くらいから6回までもたないのに実松と組ませて我慢した結果です。勿論実力を早くから認められてたのは言うまでもありませんが。
岡本(野手)も村田がいるうちに我慢して前半から育ててほしかったのですが、我慢しきれませんでした。

マスター

今のカープのペナント連覇や、昔の巨人のV9は、運やめぐり合わせだけではなく長い目で見た育成とスカウティング・投手の役割分担といった選手の起用理論があるはずです。もちろん関係者はみんなわかってると思いますが。
そういう意味でカープはすごいと思います。あまり褒めたくないですがw

マスター

巨人ファンの近年の歯がゆさ・悔しさが伝わってくるようでした…。

あ、ポジティブなご感想のうさぎ党さんもいらっしゃいました。

案の定、選手の高年齢化が気になります。坂本が30代に突入したことで、20代のレギュラー格は投手では菅野・田口くらい、野手では小林くらいですね。 やはり今年も外人部隊の活躍に期待するしかなさそうです。とはいえ、若い世代の芽生えも感じられます。投手では中川、野手では岡本、吉川あたりがレギュラーに定着し、ゲレーロ(去年は35本中22本がソロですからね)がチャンスに大きいのを打ってくれれば、少なくとも広島一強時代からは脱却できるかもしれませんね。

うさぎ党

みなさんはどんな感想を持ちましたか?特にジャイアンツファンの方は、ご感想など、よろしければSNS等で教えていただければ幸いです。

編集後記

きむら

私たちカープファンも、ひと昔前(江藤、金本、新井、黒田…と、どんどん希望の光が抜けていった頃)は球団に不満を大いに持って、絶望しかけていた時期がありました。それでも好きな球団は捨てられないんですよね。ジャイアンツファンの気持ちを聞いていて、その頃のことを思い出しました。