税理士きむらあきらこのバーチャルな研究所
セミナー・イベント開催情報

ライオンズ快勝で優勝マジック8!ロッテ福浦選手は2千安打リーチ(9/21 L7-4M)

埼玉西武ライオンズファン2年生のきむら あきらこ(@kimutax)です。ライオンズの試合を観に行った感想を、自分で撮影した写真を混じえてブログにアップしています。

きむら

試合内容もさることながら、ロッテ福浦選手の1999安打目や、推しの木村文紀選手の笑顔も見ることが出来て、雨や肌寒さも忘れてしまうほど楽しい観戦になりました。

9月21日(金)埼玉西武 vs. 千葉ロッテ 23回戦

2018年9月21日(金)埼玉西武 vs 千葉ロッテ 試合トップ|埼玉西武ライオンズ

123456789R
西武
3
2
0
1
0
1
0
0
0
7
ロッテ
3
0
0
0
0
1
0
0
0
4

 

ライオンズは3-3で迎えた2回表、源田壮亮選手のタイムリー二塁打などで勝ち越しに成功。

その後、4回に浅村選手のタイムリー、6回には秋山選手のソロホームランで、効果的に追加点を重ね、マリーンズに快勝。優勝マジックを8としました。

この試合の勝利の立役者を個人的に選ぶとすれば、4安打の秋山翔吾選手と、通算1000投球回を達成した菊池雄星投手。

菊池投手は雨で投げ難い中、2回からよく立ち直ってくれました!

ピックアップ「2000安打リーチ!マリーンズ福浦和也選手」

ただ、この日最も注目を浴びた選手といえば、何と言っても千葉ロッテマリーンズの福浦和也選手でしょう。

2000安打まであと2本に迫っていました。

投手としてドラフト7位入団から、当時の山本功児監督に打撃の素質を見出され野手に転向。「幕張の安打製造機」と言われるまでになった福浦選手。

その、恩人の山本監督の名前からとって、息子の名前に「功」の文字を取り入れたエピソードからも、実直なお人柄が伺えます。

試合開始前から激しい雨が降っていたので、カメラが壊れるのが怖いビビリの私は、この日の撮影はいつもよりは自重していたのですが、福浦選手だけは、しっかり撮りました。

おかげで1999安打目を、綺麗に撮ることが出来ました。

試合前には、マリーンズのファンの方と、こんな交流もありましたよ。

その他のお写真

この日は他にこんな写真を撮りました。

ご贔屓の木村文紀選手。試合終盤から守備固めで登場し、9回表に回ってきた打席で、内野安打ながら結果を出してくれました。

辻監督から熱すぎるご指導を受けたり、ここ最近、スターティングメンバーだった試合でぱっとしてなかったりだったので、ご本人もホッとしたのか、馬場コーチと小指と小指でタッチした後、控えめににっこりしていました。

この穏やかなところが、木村選手を好きな理由の一つなんですよね。

手のひらでのタッチは、クリーンなヒットを打った時にとっているのかな。

とにかく、キムの笑顔が見れたよかった。

そんな感じで泥くさく出塁を目指すんで、いいんだよー!頑張って!

きむら

ツイッターの写真用アカウント(@ichico_30 や @fkimura_bot)で、ライオンズや他球団の選手の写真を随時アップしています。野球好きの方は、よろしければフォローしてくださいね!

あわせて読みたい関連記事

28試合連続観戦のシメに推しが劇的サヨナラホームラン!(7/1 L8-7E) 宮本慎也、源田壮亮という名遊撃手のツーショットを撮った話(6/12 L1-3S) おかえりなさい、鈴木誠也!誠也の魅力をオカン目線で語ります(2018年3月16日カープ5-2スワローズ@神宮)