きむら あきらこのセミナー情報

ドラマチックな写真は撮れたけど、、、負け!(4/17 L2-7F)

(▲試合後には、松崎しげるさんのミニコンサート。『地平を駈ける獅子を見た』を大声で歌って、なんとかストレス解消)

埼玉西武ライオンズファン2年生のきむら あきらこ(@kimutax)です。ライオンズの試合を観に行った感想を、自分で撮影した写真を混じえてブログにアップしています。

きむら

試合には良いところなく負けてしまいましたが、大田泰示選手のカッコいい写真を撮ることができたり、ドラマチックな1枚を撮ることができたり。試合と離れたところでは、楽しめました!

4月17日(火)埼玉西武 vs. 北海道日本ハム 4回戦

2018年4月17日(火)埼玉西武 vs 北海道日本ハム 試合トップ|埼玉西武ライオンズ

123456789R
日ハム
0
0
1
1
1
2
1
1
0
7
西武
0
0
0
0
1
0
0
1
0
2

 

ファイターズは3回表、驚異の4割打者・近藤のタイムリーで先制。以後、小刻みに追加点をあげていきます。

ライオンズは、相手の先発・上沢投手の危険球退場もあり、その後は投手を崩すのも容易かと思われたのですが…。再三の好機を生かしきれず、良いところなく負けてしまいました。

私にとって、今季初めてのライオンズ公式戦だったのですが、2018年の「強いライオンズ」を見るのは、残念ながら次回以降に持ち越しとなりました。

ピックアップ「今までで最もドラマチックな1枚」が撮れたけれど

この日もたくさん写真を撮りましたが、2016年10月からの写真人生の中で、最もドラマチックな1枚を撮ることができました!

ほんとうは、山川穂高選手がホームランをかっ飛ばす瞬間を撮るつもりだったのですが…。ランナーを出すのに点が入らず、逆にじわじわ点差を引き離されていく。そんな歯がゆい試合を象徴するような1枚になってしまいました。

でも、選手の様子をただ撮るだけでなく、試合の様子を伝える「ストーリーのある1枚」を撮ることができて、とても嬉しかったです。

そして、これ、もっと良いレンズで撮っていればなぁとも思いました。

こうやってレンズ沼・カメラ沼にはまっていくのでしょうね。危ない、危ない。

その他のお写真

この日も、試合前練習の撮影をしました。

この日はライオンズのホームゲームだったので、開門した頃は、ビジターであるファイターズの選手が練習中。そんな中、ひときわ目立ったのが、巨人より移籍してきて2年目の大田泰示選手

巨人の頃は、どちらかというと、芋にいちゃんで3枚目キャラだったのに。

なんという色気でしょうか!

特にお気に入りの1枚がこちらです。ちょっと邪悪な感じ、というか、劇画のダークサイドなヒーローのように、カッコ良く撮ることができました。

きむら

ちなみに大田泰示選手は私と誕生日が同じ(6月9日生まれ)。以前から勝手に親近感を抱いていました。ファーストシューティングにも関わらず上手に撮影できたのは、それが原因!?

試合前、ライオンズの選手の写真も、もちろん撮影しました。

試合前、誰と誰が挨拶をしているのかチェックするのも、面白いんです。

ライオンズの観戦はこんなところも楽しい!

ところで、私ごとですが、今年からライオンズファンクラブ会員になりました。

ファンクラブ会員になると、土日祝のメットライフドーム、東京ドーム、県営大宮、群馬(前橋・上毛新聞敷島球場)開催時に来場ポイントを付ける際に、バッジがもらえるんです!

▼誰のバッジかな?

▼2018年最初のバッジは、渡米した牧田投手に変わって奮闘中の平井投手でした!

今年はバッジを集めるのも楽しみ。

▼ライオンズサワーも美味しかった!