税理士きむらあきらこのバーチャルな研究所
セミナー・イベント開催情報

8点差をひっくり返すもお返しされた、いかにもライオンズらしい試合(9/8 L9-13M)

埼玉西武ライオンズファン2年生のきむら あきらこ(@kimutax)です。ライオンズの試合を観に行った感想を、自分で撮影した写真を混じえてブログにアップしています。

きむら

2回表を終わって0−8で負けていたら、普通は「今日は終わりかな…」と思いますよね。でも、「まだわからないぞ!」という気持ちに、自然に思えるのが今のライオンズ。で、確かにそのとおりの展開になったのですが…。

9月8日(土)埼玉西武 vs. 千葉ロッテ 21回戦

2018年9月8日(土)埼玉西武 vs 千葉ロッテ 試合トップ|埼玉西武ライオンズ

123456789R
ロッテ
5
3
0
0
1
1
0
3
0
13
西武
0
8
0
1
0
0
0
0
0
9

 

まあ、最初にこのスコアだけでも見てください。いったいなんて野球をやっているんでしょうか(笑)。

ライオンズは、先発の十亀剣投手が初回からつかまり、2回表を終わったところで既に0-8…。

でも、ここで終わらないのがライオンズ!

2回裏に、中村剛也選手、秋山翔吾選手のタイムリーなどで4点差に迫ると、二死満塁で4番・山川穂高選手に満塁本塁打が飛び出し、同点に追い付きます。

でも、ここで終わらないのがライオンズ!(涙)

普通は最大8点のビハインドを追いついて勝ち越せば、そのまま勝ちきりそうなものですが、小刻みな投手リレーでも相手の追撃をかわすことはできず、逆に、打線は後半沈黙してしまいました。

しゃあない。こんな日もある!

▼この日は、話題の「埼玉西武ライオンズ監修・ランチパック若獅子カレー風」を初めて食べました。美味しかった!

ピックアップ「まさに名は体を表す伊藤翔投手」

この日は1塁側からの観戦。

日頃はなかなかいい角度で撮ることができない、右投手を中心に撮影しました(メットライフドームでは、ホームは3塁側なので。やはり3塁側に座ることが多いのです)。

その中でも、撮りたかったのが伊藤翔投手。

細身の身体をめいっぱい使う、まさに「翔ぶ」ようなフォームがカッコいいです。

高校卒業して2年たってますが、早生まれなので、なんと、まだ10代。

▼別の日の写真ですが、投球スタイルだけでなく、アシンメトリーな髪型も攻めてる(笑)。

高校3年時にプロ志望届を出したところ、指名されなかったので、独立リーグ行きを選択したというエピソードなど(大学に進学するとドラフトは4年後、社会人に進むとドラフトは3年後になるため)、反骨心とか気合いを感じます。

10代の子がそういう人生の選択をするって、すごいこと。強い意志の持ち主なんだろうな。

密かに、人としても一目置いている選手です。

その他のお写真

この日は他にこんな写真を撮りました。

投稿したのは後日ですが、これ、9月8日に撮影したもの。なんだかご機嫌なキムさんでした。

一軍再昇格後は、以前より笑顔が目立つような気が。

もちろん、ライオンズが好きだから試合に通っているけれど、やっぱりキムがいるのといないのとでは、私も応援の気合いの入り方が違う。

優勝が決まる瞬間、どうか一軍にいておくれ。

きむら

ツイッターの写真用アカウント(@ichico_30 や @fkimura_bot)で、ライオンズや他球団の選手の写真を随時アップしています。野球好きの方は、よろしければフォローしてくださいね!

あわせて読みたい関連記事

【祝優勝】日本一早い埼玉西武ライオンズV特報 !〜写真で振り返る2018シーズン 28試合連続観戦のシメに推しが劇的サヨナラホームラン!(7/1 L8-7E) パーティーテラス@メットライフドーム~家族や仲間との観戦にオススメ!(6/16 L9-2D)