税理士きむらあきらこのセルフコントロール研究所
セミナー・イベント開催情報

リニューアルした塩ラーメン(麺処さとう@桜新町)〜奇を衒わなくとも細部に拘ることで個性を出す極上の一杯

1年365日1,095食、惰性でものを食べたくありません。生まれながらの食いしん坊・きむら あきらこ(@kimutax)です。

そんな私が自信を持ってオススメする、わが町・桜新町が誇るラーメン屋さんが、麺処さとうさんです。

きむら

スープへのこだわりがすごい。麺もトッピングも美味しい。それだけでなく、居心地もいいラーメン屋さんなんです。

麺処さとうさんはこんなお店です!

先日、顧問先の河野木綿子さんと、桜新町のラーメン屋さん・麺処さとうさんに行ってきました!

麺処さとうは、旧ブログでも取り上げたことのあるお店。ラーメン不毛地帯と言われていた桜新町に突如現れた、ラーメン好きの私にとっては救いの神のような存在です。

今回は、河野木綿子さんのリクエストで、確定申告の打ち合わせ前に、ランチを麺処さとうで食べることに。

きむら

最近は、SNSやブログでの私の投稿を見て「さとうさんに行ってみたい!」「さとうさんに行ってきたよ!」という方が増えてきました。嬉しい限りです。女性にも男性にも心からオススメできる、ラーメンの名店が麺処さとうです。!

麺処さとうのリニューアルした「塩ラーメン」を食す!

麺処さとうでは、大きく分けて醤油・塩・魚介とんこつと、3種類のラーメンを楽しめます。

時にはゲリラ的に、限定ラーメンが出ることも。限定情報は、お店のtwitterをフォローするとキャッチすることができます。

今回のお目当は、塩。twitterでリニューアルしたと知ったので、これは食べてみなくては!と。

きむら

以前は、ラーメンはとんこつ一辺倒な私でしたが、さとうさんに出会ってからは、ダシの旨味を味わえる塩や醤油も大好きになりました!

さあ、いざ実食です!

リニューアル塩ラーメン全体像

毎度毎度サーブする時に、ちゃんと丼の「麺処さとう」をこちら側に向けて出してくれます。お客様へのおもてなし精神を感じます。

リニューアル塩ラーメン・スープ

澄んだスープは、尖ったところがなく、まろやかで香り豊か。

確かに、以前より奥行きを感じる〜。

お店のウェブサイトによると、「昆布、煮干し、椎茸、アジ、カツオ、ホタテなどを入れてジックリ出しをとり国内3種類、海外2種類の塩を合わせて作った塩ダレに鶏と魚介のスープを合わせた一杯」とのことで、どれだけ贅沢かわかりますよね。

まるで、極上のコンソメスープを食している気分になります。

だからといって︎、まとまりがないわけじゃない。スープが主張しすぎるわけじゃない。

リニューアル塩ラーメン・麺

というのが、麺もとても美味しいのです。小麦の香りを感じる、歯で噛むとぱっつんとちぎれる感触を味わえるストレート麺。

この麺の清々しさとスープの旨味が、ベストバランスなんですよね。

リニューアル塩ラーメン・チャーシュー

ミディアムレアのチャーシューも絶品。ムダな味付けとかほとんどしていないので、純粋な肉感を楽しめます。

リニューアル塩ラーメン・トッピング

この日は、味玉と九条ネギをトッピング。

写真に撮るのを忘れましたが、塩ラーメンオーダ時には、味変に無料でわさびももらえます。また違った風味を味わえますよ。

きむら

胃袋に自身がある人は、スープを残して、味変のわさびと小ライスをぶち込んで、お茶漬け風にしても美味しいです。

さとうさんは、味玉も絶妙。味の滲み具合も濃すぎず、黄身の半熟加減もちょうど良い。

ほのかに白ワイン風味を聞かせているのと、味が濃すぎないので、この上品な塩ラーメンにとても合います。

この日も完食しました!

さとうさんに来たら、汁は絶対に飲み干すべし!

まとめ(お店情報)

見た目からわかるとおり、奇を衒うわけではないオーソドックスなラーメンです。それでも、スープ・麺・具材の細部にまでとことん拘れば、究極の逸品になるのですね。

だからと言って、「ガンコ店主がやる店」のような敷居が高い佇まいではないのも、麺処さとうさんの魅力です。

きむら

お店も清潔で、カバンを入れるカゴやコートハンガーが完備しているのも嬉しい。紙エプロンや、髪の長い女性向けのヘアゴムまで用意されているし、お店を出る時には、厨房の中からも「ありがとうございました」の声が。味だけでなく、全てに高レベルなところもさとうさんの良いところ。完全禁煙なのもポイント高い!

関連ランキング:ラーメン | 桜新町駅用賀駅