きむら あきらこのセミナー情報

アルストロメリアが効いてる和モダンな新春フラワーアレンジ(1/1〜)

時間・行動・お金をコントロールする術を、ブログでお伝えしています。税理士で逆算手帳・認定シニア講師の木村聡子(@kimutax)です。

きむら

風邪がまだまだ治らないので、楽しみだった新年の予定を次々とキャンセルしまくってます。切ない…(つД`)

さて、私の事務所では生花を飾ってます。用賀のお花屋さん・Beone(ベオーネ)さんに、週替わりで花を活けて頂いています。

事務所に花を飾る理由はこちら。

効率を犠牲にしてでも私が事務所にお花を飾る理由

 

今週のお花は、新春をイメージしたアレンジメントでした!

アレンジメントに使われているお花を紹介します!

葉牡丹

葉牡丹は、この時期が見ごろなのと、花言葉が「祝福」「利益」などとお祝い事にぴったりなので、お正月の寄せ植えに昔から利用されている植物。

今回のアレンジでは、紫と白の2種類を使用。

マム(菊)

大きめの黄色い菊が、新春の華やぎを添えています!

お正月のアレンジというと、定番は「松・竹・梅」ですが、梅の花が手に入らない場合は、こんなふうに菊で代用するものアリなんだそうです。

注意
菊の花を正月花として使う場合、お供え用に使う「輪菊」「小菊」は避けるようにしましょう。

松、千両

グッと新春らしさを演出しているのが、松と千両。

千両ってなるほど、いかにもめでたい名前です。千両によく似ている植物で「南天」もありますが(あの、南天のど飴の『南天』です)

参考 南天豆知識南天研究所

「南天」も「難転(難を転じて福となす)」に通じることから、縁起が良いとされているようなので、お正月アレンジには千両・南天のどちらを使うのも良さそうですね。

アルストロメリア

このアルストロメリアがアクセントになって、バリバリ和風にならず、モダンなイメージの新春アレンジになっています。

最後に。このアングルは、今回のお花様・オールスターキャストが拝めます。華やか。水引き風のお飾りも、効いてますよね!

まとめ、つぶやき、あるいは編集後記

きむら

(つД`)こんな素敵なのに、事務所に行けてこのアレンジを拝めたのは実質1日半くらい。まったく風邪がうらめしい。