きむら あきらこのセミナー情報

新サービス・新商品を考える際に1つでも欠けてはならない3つの切り口

時間・行動・お金をコントロールする術を、日々探求しています。税理士のきむら あきらこ(@k_tax)です。

今日のブログ記事は、数年前にある社長からお伺いしたお話が、元ネタです。

きむら

その社長は、新規サービス(商品)を考える時に、3つの切り口を意識するそうです。その話を聞いてから、私も強く意識すうようになりました!

新規サービス(商品)開発のときの3つの切り口

その社長は、新規サービスの開発のときは

1. できること
2. (お客さまが)してほしいこと
3. やりたいこと

の3つの側面から考えるのだそうです。

この3つの側面から考えねばならないところ、たいていの経営者は
「何か1つが欠けてしまっているから、上手くいかない」
とのこと。

では、3つの要素のうち1つでも欠けるとどうなるのか?

早速、見ていきましょう。

■ スポンサー広告 ■

1)できること、してほしいことだけ考える経営者

できること、してほしいことだけ考える経営者は、殻を破り新機軸を打ち出すことができません。

確かに、確実にお金になる仕事をすることも経営には大切ですが、経験値を高める仕事や、やっていてワクワクする仕事を織りまぜることも、忘れてはいけません。

そういった仕事が、自社の新たな強みになることが、往々にしてあります。

2)してほしいこと、やりたいことだけ考える経営者

してほしいこと、やりたいことだけ考える経営者は、自社のリソースの掘り起しができていません。

新規事業は、基本的には自社の「強み」や主力商品を活かし、そこにアレンジを加えることで、成立します。

自社の人・モノを見つめ、現在提供しているサービス(商品)を深化させることができれば、充分新しいサービス・商品を提供できる可能性があります。

■ スポンサー広告 ■

3)できること、やりたいことだけ考える経営者

できること、やりたいことだけ考える経営者は、顧客目線が抜けています。

では、顧客目線に立つにはどうしたらよいかというと、それは「お客さまの立場に立って考える」のではなく、「お客さまに聞く」のが一番です。

常日頃から、アンケートやデータ収集、ヒアリングを行い、データを蓄積しておくことを心がけましょう。

きむら

ドキっ!あなたも1)~3)のどれかに当てはまりませんか?私もこの3側面からバランスよく考えていかなきゃな〜と、その社長から話を聞いてから、肝に命じています!
\この記事が役に立ったらシェアしてね!/
この記事のURLをコピーする