きむら あきらこのセミナー情報

外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)に関するQ&Aが掲載されました【国税庁】

6月26日、国税庁ホームページ上に「外国子会社合算税制に関するQ&A(平成29年度改正関係等)」がアップされました。

平成29年度、平成30年度及び令和元年度改正に係る外国子会社合算税制に関するQ&A(PDF/704KB)

このQ&A、とても優れものなので紹介いたします。

どういう点が優れていると感じたかというと、外国子会社合算税制の趣旨から概要、改正の意図などが、このQ&Aを読むと理解できるところです。

外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)とは、外国子会社を利用した租税回避を抑制するため、一定の条件に該当する外国子会社の所得を、日本の親会社の所得とみなして合算し日本で課税する制度ですが、個人にも適用されることや、今のご時世、海外進出はもはや特殊なことではないので、中小企業でも無関係ではありません。

今の外国子会社合算税制について、まず概略を抑えたいという方には、とても良いQ&Aですよ。