きむら あきらこのセミナー情報

「事後選択」に対応した簡易課税制度の選択受付スタート【消費税】

7月1日、国税庁ホームページ上に、消費税に関するいくつかの案内・資料がアップされました。

その中から、今回は「消費税の軽減税率制度に係るe-Taxの対応について」を、簡単に取り上げます。


▼このページの内容ですが、消費税の軽減税率制度の実施に伴い、7月1日(月)からe-Taxでは、新たに次の申請手続きの受付を開始したというもの。

申請・消費税 消費税簡易課税制度選択届出(令和1年7月1日以後提出用)

もっと噛み砕いて言うと、消費税の軽減税率制度の開始により、課税仕入を税率ごとに区分することに困難な事情がある中小事業者は、簡易課税を事後選択することができるのですが、その事後選択の受付がスタートしたということ。

e-Taxのみならず、紙の届出書の受付も当然に解禁です。

▼(@_@)とはいえ、この届出書の新様式、一般の方には太刀打ちできないシロモノになっている感が否めません。中小事業者用なのに。

画像をクリックすると様式のダウンロードサイトに飛びます

「簡易課税は不簡易課税」(by 消費税法の権威)とは、まさにその通りだと思います。届出からして全然簡単じゃない。

近いうちに「簡易課税制度選択届出書の書き方」をブログに書いた方が良さそうだ…という思いを強くしました。。。

▼ちなみに、この簡易課税の事後選択ですが、「課税仕入を税率ごとに区分することに困難な事情がある」場合以外にも使えるというのが、通説です。よろしければこちらのエントリーも、合わせてご覧ください。

消費税の簡易課税、期間限定で後出しジャンケン(事後選択)解禁中!これを使わない手はないという話