きむら あきらこのセミナー情報

令和元年分の路線価図等公開【国税庁】自宅などの路線価チェックしてみませんか?

7月1日、令和元年分の路線価図等が公開されました。

全国約32万地点の標準宅地は18年比で1.3%のプラスとなり4年連続で上昇した。上昇率はこの4年で最も高かった。地方にも波及しつつある訪日客の増加や再開発などが地価上昇をけん引している。
路線価4年連続上昇 2019年分、訪日効果が波及:日本経済新聞

これを機会に、自宅や職場周辺の路線価がどれくらい上昇しているのか、していないのか、推移をチェックしてみませんか?

▼過去の路線価の簡単なチェック方法は、こちらの記事に書いています(要はURLの元号部分を書き換えていくだけ)。

路線価の基礎知識 〜土地の評価の仕方・路線価の探し方・過去の路線価のチェック方法お教えします

私も事務所周辺の路線価の上がり具合をチェックしてみました!(事務所は自分の持ち物ではありませんが…)

事務所所在地

平成27年度路線価

平成28年度路線価

平成29年度路線価

平成30年度路線価

令和元年度路線価

正面路線が47万円→49万円→51万円→53万円→55万円(5年で8万円UP)
側方路線が46万円→48万円→49万円→51万円→53万円(5年で7万円UP)

5年間の間に15〜17%の上昇でした。 なかなかすごいですね(~_~;)

みなさんのご自宅や職場周辺はどうでしたか?