きむら あきらこのセミナー情報

令和元年分「法定調書の作成と提出の手引」が掲載されました【国税庁】

9月9日、国税庁ホームページ上に「令和元年 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引」が掲載されました。


法定調書には多くの種類がありますが、この手引きは、多くの事業者が提出しなくてはならない6種類(給与所得の源泉徴収票/退職所得の源泉徴収票/報酬、料金、契約書の支払調書/不動産の使用料等の支払調書/不動産等の譲受けの対価の支払調書/不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書)の法定調書の作成方法や提出方法についてまとめたものです。

きむら

法定調書とは…分かりやすく言うと
「誰々に報酬を払った」
「誰々に給与を払った」
「誰々に家賃を払った」などを税務署に報告する
言わば、確定申告用の「チクリ書類」です。言葉は悪いですがw

令和元年分の法定調書に関する主な改正事項は特に無く、強いて言えば、改元に伴い様式が変更されたくらいです。