きむら あきらこのセミナー情報

被災者に対する軽減対策補助金の対応について(令和元年8月大雨・台風15号)【経産省】

経済産業省は9月30日、ホームページにて、「令和元年8月の前線に伴う大雨に関する災害、令和元年台風第15号で被災した事業者に対する軽減税率対策補助金の対応について」を公表しました。 


こちらによると、令和元年8月の前線に伴う大雨に関する災害、および、令和元年台風第15号で被害を受けた事業者については、軽減税率対応補助金の申請について、次のような柔軟な対応をしてもらえます。

  • 被災事業者が事業の再開を果たし、軽減税率対応レジの導入に取り組もうとする場合には、10月1日以降に購入契約を締結したものも補助対象として取り扱う。
  • 導入済みの対応レジの損壊により、再度導入し直す必要がある場合には、必要な手続を行った上で、制度上の一事業者あたりの補助上限額の範囲内で、損壊した機器に係る補助金額について、再度の申請を認める

被災された事業者の方で、これらの場合に当てはまりそうな方は、是非、軽減税率対策補助金事務局まで、お問い合わせを!