きむら あきらこのセミナー開催情報

大人っぽさ際立つ紫色オンリーのフラワーアレンジメント(3/26~)

花や植物が大好きで、オフィスにもグリーンを絶やさないようにしています。税理士で逆算手帳・第0期認定講師のきむら あきらこ(@kimutax)です。

今週の事務所のお花は、紫色のお花オンリーのアレンジメントです。

きむら

紫色のお花というと、まずはスミレを思い浮かべますが、色々なお花があるんですよ!

3月26日の週のお花

私の事務所では生花を飾ってます。用賀のお花屋さん・Beone(ベオーネ)さんに、週替わりで花を活けて頂いています。

事務所に花を飾る理由はこちら。

効率を犠牲にしてでも私が事務所にお花を飾る理由 | キムラボ

今週は紫色のお花だけを使ったアレンジメントです。

今までブログで紹介してきたアレンジメントは、メインの色+相性の良い色のマルチカラーのアレンジが多かったですが、単色にすると、大人っぽさが際立ちます。

それでは、アレンジメントに使われているお花を紹介します!

クレマチス

色と相まって、まるでナスのヘタのような、ひょうきんな姿態のクレマチス。

クレマチスは見た目も色も様々な種類があります。調べてみたところ、これはどうやら「ブルー・ベル」という種類か、もしくはそれに近い種類のもののようです。

クレマチスの花言葉

「精神の美」「旅人の喜び」「策略」「創意工夫」

「創意工夫」とは、花言葉の割にちょっと変わってます。「策略」といい、何かに思いをめぐらし、考察するニュアンスを感じます。クレマチスは、クリエイターのオフィスを飾るのにぴったりなお花なのかも?!

アネモネ

今回、その美しさに目を奪われてしまったのが、アネモネです。

正面から写しても良し。

横から写しても良し。

調べて驚いたのが、アネモネは花びらがない花だということ。つまり、この写真で花びらに見える部分は、なんと「ガク」なのだそうです。びっくり。

ふつう「ガク」って言うと、こんなかんじですからね!

アネモネの花言葉

紫のアネモネ…「あなたを信じて待つ」

モカラ

いかにも南国風味のモカラは、3種の蘭を人工的に交配させてできたお花。

モカラはとても持ちの良いお花な上に、万人受けする華やかで明るいムードを醸し出すのにぴったり。花粉も出ませんし匂いも強くないので、オフィスに飾るのにおすすめです。

私もこのアレンジメントが終わったら、モカラだけ活け直しをしてみようかなと思っています。

モカラの花言葉

「優美」「優雅」「気品」「美人」

ラナンキュラス

最後に残った、このキモイお花…。

最初は、ちょっと変わったカーネーションかな?と思ったところ、お花屋さんに尋ねたら、なんと、ラナンキュラスということで、度肝を抜かれました。

だって、だって…ラナンキュラスといえば、普通はこんなおしとやかな容姿をお持ちなのですよ…。

それが、こう↓ですものね。

確かに、つぼみが球状になっているので、ラナンキュラスなんだろな…。

調べたところ「モロッコセティ」という種類のラナンちゃんのようです。それにしても、品種改良をした人は、この仕上がりで良かったのでしょうか?(笑)

ラナンキュラスの花言葉

紫色のラナンキュラスの花言葉は「幸福」

「モロッコセティ」、個性的な容姿ではありますが、幸福を運んできてくれると思いながら眺めていると、次第に愛着がわいてきました。

上から眺めると、野趣あふれるアレンジメントです。

編集後記

きむら

英語で「紫」というと、purple(パープル)violet(バイオレット)。パープルが赤系で、バイオレットが青系なのだそうです。今回のお花で言えば、モカラとラナンキュラスがパープルで、その他がバイオレット。紫一色でアレンジする場合、パープルとバイオレットを意識して織り交ぜると、単調にならずいいかもしれませんね!