きむら あきらこのセミナー情報

手帳を買ったら真っ先にする「とあること」

こちらは、逆算手帳ユーザー・逆算手帳に興味のある方向けの記事です。

時間・行動・お金をコントロールする術を、ブログでお伝えしています。税理士で逆算手帳・認定シニア講師のきむら あきらこ(@kimutax)です。

新しい年に向けて手帳を買ったあと、まず最初にする、とある作業があります。

きむら

この作業を丁寧にすることで、その手帳に「生命」が吹き込まれ愛着も湧きます。私にとって、とても大切な「儀式」です。

買ったら真っ先に行う手帳に「生命」を吹き込む作業

逆算手帳に限らず、秋は本屋さんや文房具屋さんに、来年の手帳が並ぶシーズンです。

新しい手帳を買うと、なんとはなしにうきうきと、来年への期待に胸が高鳴ります。

まっさらな初心に戻るような感覚。

手帳を買ったらそんな新鮮な気持ちのうちに、手帳に「生命」を吹き込む作業をしましょう。

その作業とは…

心を込めて名前を書くこと

どの手帳にもある「署名(Name)」欄。

ここに自分の名前を、丁寧に書き込むことによって、来年、一緒に伴走してくれる手帳に「生命」が吹き込まれ、手帳は単なる文房具ではなく、あなたの「パートナー」となります

名前を書く時に心がけたいこと

ところで、手帳に名前を書く時に、間に合わせでその場にあった筆記具で名前を書いていませんか?

一番お気に入りの筆記具で、書いてみましょう。

GANZOの3本挿しペンケース。ペリカンの万年筆)

出来れば、時間に追われていないときに。心をこめてゆっくりと。

まだこの時は、「来年はいい年にするぞ」とか、肩に力を入れなくても大丈夫です。

ゆったりした気持ちで。自分の未来に思いをはせて。

「1年よろしくね」と、手帳を愛おしむ気持ちで書きましょう。

逆算手帳は、手帳をいつも肌身離さないために、常に見返すために、愛着が湧くようデコレーションをすることを推奨しています。

「署名(Name)」欄にお気に入りの筆記具で名前を丁寧に書くことは、デコレーションの第一歩なのかもしれません。

まとめ

きむら

逆算手帳に限らず、来年の手帳を購入したら、「署名(Name)」欄に自分の名前を丁寧に書いてみましょう。
来年、一緒に伴走してくれる手帳に「生命」が吹き込まれ、手帳は単なる文房具ではなく、あなたの「パートナー」となります。

あわせて読みたい関連記事

逆算手帳の表紙をカスタマイズ!家庭科「2」の私でもできたカープ×スワロフスキーデコ

逆算手帳はこちらから購入できます!