逆算手帳のセミナー動画はこちら

モチベーション維持の秘訣(後編)行動開始後は「小さな成功」を拾い続けること

こちらは、目標へのモチベーションの維持に悩んでいる方向けの記事です。

時間・行動をコントロールする術をブログでお伝えしています。税理士で逆算手帳・認定講師のきむら あきらこ(@k_tax)です。

きむら

前回の記事で、モチベーション維持の秘訣は、目標設定当初に、必要な努力と目標達成時の代償に目を向けることだとお話ししました。

今回は、目標設定後、ゴールに向けて行動を開始した後、モチベーションを維持する秘訣についてお話しします。

よろしければ最後までお付き合いください!


目標設定当初に気をつけるべきこと(前編の振り返り)

まずは、前編の簡単な振り返りです。

モチベーション維持の秘訣(前編)「必要な努力」や「代償」に目を向けること

目標を設定する際は、見返りや報酬(例:事業で成功して大金を手にする、20kg痩せるなど)だけ・・を考えがちで、いざ行動を始めた結果、

「こんなに我慢しなくてはならないのか」
「こんなに辛いものなのか」

と、想定していなかった状況に陥り、それがやる気(モチベーション)を低下させる原因になります。

そこで、目標設定当初から、努力や代償を考えた上で、達成可能な計画を練ることが大事になります。

■ スポンサー広告 ■

秘訣(1)行動を開始したら、見返りや報酬を意識

では、目標達成のために見返りや報酬を意識することは、いけないことなのでしょうか。

そうではありません。計画に基づき行動を開始したら、逆に見返りや報酬を意識したほうが良いのです。

見返りや報酬を意識すれば、その行動がうまくいっている時は励みになり、うまくいかない時は心の支えになります。

そのためにも、見返りや報酬は目を閉じればイメージできるよう、具体化・数値化することをおすすめします。

ダイエットであれば、「体重20kg減、体脂肪率20%減」「中村アンさんのような体型」といったように。事業であれば、「売上高月300万円、年収は2,000万円」「青山一丁目に100㎡超のオフィス」といったように。

▼ちなみに(^^;)私、自分の逆算手帳の最終ページに、中村アンさんをコラージュしています。真剣に中村アンになるつもりです。

行動開始前は、努力や代償を意識。
いざ行動を開始したら、見返りや報酬を意識するということですね!

秘訣(2)小さな成功を拾っていく

そして、行動を開始したら目標達成まで、「小さな成功」を拾っていくことをおすすめします。

小さな成功は、「1kg痩せた」「月商50万円を達成した」といった結果よりも、最初のうちは「ランニングを始めた」「商品を説明するブログ記事を1つ書いた」など、行動を拾っていくことをおすすめします。

きむら

なぜなら、行動開始当初は、努力をしてもなかなか結果が伴わないことが多いからです。そういう時は結果を気にするよりも、まずは行動を続けていくことが大切です。

小さな成功に気付いたら、マンスリーカレンダーやevernoteに書くなど、ぱっと見て一覧できる方法で記録していくことをお勧めします。

この「小さな成功の記録」には「友人に『何だかスッキリしてきたね!』と言われた」など、他人に褒められたことを書くのもアリです。

小さな成功を拾っていくうちに、次第に「体脂肪率が3%落ちた」「新規クライアントを獲得した」など、結果に関するが成功が増えていきます。

そうすれば、しめたものです。

この「小さな成功」を拾うことができるのもスキルのうち。このスキルを身に付けることが、あなたの自尊心が高め、モチベーション維持に必ず役立つことでしょう。

■ スポンサー広告 ■

まとめ

以上、ゴールに向けて行動を開始した後、モチベーションを維持する秘訣でした!

きむら

① 行動を開始したら、見返りや報酬を意識しましょう。
② 行動を開始したら目標達成まで「小さな成功」を拾っていきましょう。

あわせて読みたい関連記事

▼モチベーション維持のため、目標設定当初に気をつけるべきこと。
モチベーション維持の秘訣(前編)「必要な努力」や「代償」に目を向けること

▼計画どおりにいかず落ち込みそうな時は、こちらの記事を読んでみましょう。
計画は予定どおりにできなくていい!計画を立てることで得られる3つの効果

\この記事が役に立ったらシェアしてね!/
この記事のURLをコピーする