きむら あきらこのセミナー開催情報

南国と洋と和の競演!不思議エキゾチックなアレンジメント(1/29~)

時間・行動・お金をコントロールする術を、ブログでお伝えしています。税理士で逆算手帳・第0期認定講師のきむら あきらこ(@kimutax)です。

1月29日の週の事務所のお花は、見た瞬間

きむら

うわっ!久々に前衛的なのキター!

と思ってしまいました。

1月29日の週のお花

私の事務所では生花を飾ってます。用賀のお花屋さん・Beone(ベオーネ)さんに、週替わりで花を活けて頂いています。

事務所に花を飾る理由はこちら(旧ブログ)。

この週のお花は、ほんとうに変わってました!無国籍で、ちょっと怪しげな雰囲気。怪しげと言っても「妖艶」というよりは「ひょうきん」な感じ。。

あ、いちおう誉め言葉です。

Instagramに花をアップする時は、たいてい原色でアップしているのですが、今回はちょっとその不思議な雰囲気を活かすよう、色を加工してみました。

▼こちらは無加工の写真。

それでは、アレンジメントに使われているお花を紹介します!

ストレリチア

今回、最も異彩を放っていたのは、このストレリチアでしょう。

またの名を「極楽鳥花」。カラフルな色と飛び立つような姿が、まさに南国の鳥を思わせます。

花言葉も

「寛容」「恋の伊達者」「気取った恋」「輝かしい未来」

と、その外見からつけられたのか、ちょっとお澄ましした感じですね。

アンスリウム

南国風味なお花が続きます。

緑色のアンスリウム。

アンスリウムは「赤い花」というイメージが強いですが、私が今まで見たところだと、ピンクや白、そしてこの緑と、多彩。色々な品種があるようです。

そして、花の色が多岐に渡る花の例に漏れず、色別に花言葉が決まっています。

白……「熱心」、ピンク……「飾らない美しさ」、赤……「情熱」

あれ?緑色のアンスリウムの花言葉がありません。

確かに、緑色のアンスリウムはここ最近見るようになったので、新しい品種だから花言葉が無いのかも。

花言葉がつけられたとしたら、アンスリウムの花言葉はどの色もプラスイメージなので、緑色も良い花言葉をもらえるでしょうね!

カーネーション、松、ボケ

この南国チックなお花の中に、カーネーションや松が入ったり…

(カーネーションはぎゅうぎゅうで可哀そうでした。)

ボケが入ったり!

ボケのつぼみは、たいそう可愛らしかったです。

つぶやき

きむら

こんな感じで、南国・洋・和のお花が入り乱れたので、一風変わったアレンジメントになったのでしょう。それでもまとまっちゃうんだから、プロのお花屋さんの腕ってすごいです。