きむら あきらこのセミナー情報

煮干し中華そば 亘(とおる)@世田谷用賀~厳選素材が封じ込められた濃厚スープがたまりません!

税理士で逆算手帳・認定シニア講師のきむら あきらこ(@k_tax)です。

私の住まい&事務所のエリア(桜新町・用賀)は、ちょっと前まではラーメン不毛地帯と言われていたとかいないとか。

ところが桜新町に麺処さとうさんが出店し、ラーメン好きとしてはそれだけでも狂喜乱舞だったのですが…

きむら

こんどは用賀に期待のラーメン屋さんが開店しました。これから徐々に有名になっていく予感!そのこだわりの一杯を、今日はご紹介します。

煮干し中華そば 亘(とおる)の外観

最初、このお店を知ったきっかけは、駅近くにあるこの建物の前を通りかかった時でした。

「え!?こんなところに、なんだかおいしそうなラーメン屋さん??」

と、一度何の気なしに通り過ぎたのに、思わず引き返したことを思い出します。よくぞこのマンションの大家さん、亘さんと契約してくれました(ラーメン屋さんは匂いを出すからと、家主から敬遠されがちなのです)。

▼お洒落なブティックの雰囲気を損なわない看板の雰囲気と幟(のぼり)。偶然なのか、自動販売機の色とも合ってますね。

▼ブティックの前の階段から地下に降りたところに、お店はあります。

最初は店名は「亘(わたる)」かと思っていたのですが、ちょうちんを見ると、「TORU」とあるので、「亘(とおる)」なんですね。

今の私にとって、ここのラーメンを「仕事を頑張ったご褒美」で、たまに食べることが心の支えになっています♡それくらい大好きなお店です。

では、中に入ってみましょう!

■ スポンサー広告 ■

煮干し中華そば 亘(とおる)のメニュー

内観は、カウンターだけの小さなお店なので、撮影自粛。

荷物を置く棚がカウンターの下にあったり、とても清潔で綺麗なお店です。女性の方も安心して食べることができますよ。

お店に行くと、男性1~2名と女性店員さんでオペレーションしていることが多いです。そして、みなさん感じが良い。

最初の頃は入店すると
『慣れないお客さんみたいだけど、何か困ったことがないかしら』
という、あたたかい視線を感じたことがありました(笑)。

▼こちらがメニュー。食券制です。終日禁煙なのもありがたい。

私が最初にこのお店に入ろうと背中を押されたのがこのメニューでした。

煮干しそば2種類だけの潔さ!

こういうメニューで、そしてお店の外観から漂うスッキリ洗練されたオーラからして、絶対に美味しいに違いないと確信し、そしてそのとおりでした。

端麗煮干し醤油スープの中華そばは、スッキリした味わいの透明スープに漂う主張しすぎない煮干しの香りが特徴。いずれまた紹介しますね。

今回は、濃厚煮干し醤油スープの「濃厚煮干しそば」をご紹介します。

煮干し中華そば 亘(とおる)の濃厚煮干しそば

「濃厚」のほうは、「煮干しが苦手な方はご遠慮ください」と店内に書いてあるのですが、私はむしろ「煮干しが苦手、キライ」と言う人に、是非チャレンジしてほしい!

初めて食べた時、感動した一品なのです。あなたの煮干しの概念、変えるかも!

濃厚煮干しそば(880円)

具は、海苔、切昆布、玉ねぎ、長ネギ、チャーシュー、メンマ。

▼「なると」が郷愁を誘います。

▼スープは密かに私は「煮干しポタージュ」と名付けてます。ドロッとしていて、粗削りの煮干し粉もたっぷり。

煮干しの風味がこれでもかと香り立ちますが、良い煮干しだということがよくわかります。まったく臭みやえぐみを感じません!

▼細目のストレート麺がスープによく絡みます。

▼食べログの食レポでは、この切昆布に文句を言っている人がいましたが、私はこの昆布と麺を絡めて食べることにハマってます。

▼チャーシューは量は少ないものの、トロットロで美味。濃厚煮干しスープが塩気が強いので、甘めの味付けがよく合います。

▼この粗みじんの玉ねぎが、いい仕事しています。スープが染みた玉ねぎをシャクシャクと噛むことで、食感にアクセントが。

ここで、カウンターの眼前に貼ってある、煮干し中華そば 亘(とおる)のうんちく書きをご紹介。

「煮干し白だし」
大正十一年創業、
京都の老舗煮干し問屋から仕入れる
国産カタクチ煮干しと、さば・うるめ・いわしの節
これらをふんだんに使い、じっくりと炊きだし、
風味豊かな白だしに仕上げております。

「淡麗煮干し中華そば」
淡麗スープの醤油かえしには
香川県小豆島産の淡口醤油を使用しております。
器の底まで見える程の澄んだスープを
是非ともお試し下さい。

「濃厚煮干し中華そば」
国産カタクチ煮干しを
風味が残るよう敢えて粗い粉末に致しました。
この煮干し粉を使ったザラっとした舌触りの
極濃煮干しスープ。
煮干しが苦手な方はご遠慮ください。

「煮干し愛」を感じるこの文章を読みながら食べると、なぜかより美味しく感じるので、毎度まいど目を通してしまいます。

■ スポンサー広告 ■

煮干し中華そば 亘(とおる)のさばめし

しかし、亘(とおる)のすごいところは、ラーメンだけではないのです!

▼それが、この「さばめし」

ランチタイムにはサービスで食べることができます。

この「さばめし」も目当ての1つなので、亘(とおる)に行くと決めたら、前の晩からご飯は控えめにしています。

サービスのさばめしですが、食券機で無料の食券を発券しないと出してくれませんので、ご注意を。

この「さばめし」にも、うんちく書きがありまして

「さばめし」
宮城県気仙沼より仕入れました鯖の干物をほぐし
白いご飯の上にのせました。
煮干し中華そばの風味をさらに引きたてる
当店自慢の一品です。

とのこと。やはり、この文章を読んだあと食べると、美味しさ倍増です。

▼サービスとはいえ、一つずつバーナーで炙って提供してくれる丁寧さ。

最後、お店を出る時には
「いつもありがとうございます!」
という気持ちの良い声で送り出してくれます。

(^^)好きなお店に常連認定されるのは、なんだか嬉しいものです。

まとめ

色々と吟味して食材を集め、ラーメンを「この2種」と絞りに絞って出しているんだろうなぁ。そんな真面目で硬派なところに惹かれ、とても大好きなお店になりました。

お店も新しくスタッフさんも若い方々ですが、ブレイク前夜の名店のオーラバリバリです。頑張ってほしい!

きむら

用賀にお越しの際は、駅からも近いので、ぜひ店主の渾身の一杯を食べてみてくださいね。

店舗情報

関連ランキング:ラーメン | 用賀駅

あわせて読みたい関連記事

リニューアルした塩ラーメン(麺処さとう@桜新町)〜奇を衒わなくとも細部に拘ることで個性を出す極上の一杯 カレー南蛮(田中庵@桜新町)〜チーズの天ぷらとカレーつゆの相性が最高なここだけの逸品!

今日のつぶやき&次回のブログ更新は

前から感じていたことなんですが、あるツイートを見て、思わずつぶやいてしまいました。

エスカレーターを片側開ける風潮、日本人の「気遣い」の表れなのでしょうが、是非、鉄道会社各社がキャンペーンでもして、やめさせてほしいものです ┐(´~`;)┌ 

このツイートをするきっかけとなったツイートとは、こちら。

きむら