きむら あきらこのセミナー情報

「AR山ナビ」かざすだけで日本の山の名前がわかる楽しいアプリ

時間・行動・お金をコントロールする術を、ブログでお伝えしています。税理士で逆算手帳・認定シニア講師のきむら あきらこ(@k_tax)です。

セミナー講師の仕事や、趣味の野球観戦で、日本のいろんなところを駆け巡っている私。

きむら

そんな私にとって、旅の楽しさを何倍にも増幅させてくれる、とあるアプリがあります。早速ご紹介しましょう。

AR山ナビは、国内旅行のお供にぴったり!

そのアプリの名はAR山ナビ -日本の山16000-です。

AR山ナビ -日本の山16000-

AR山ナビ -日本の山16000-
開発元:Noriyoshi Tsunashima
無料
posted withアプリーチ

アプリを起動して山にかざすと、山の名前がAR(※)で表示されるという、便利で面白いアプリです。

※ARとは?
ARとはAugmented Realityの略で、実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示すること。一般的には「拡張現実」と訳されます。

使い方はいたって簡単!

AR山ナビは、使い方がとても簡単!

▼山が見えたら…

▼アプリを起動して、山にかざす。それだけ。

▼こんな風に、山の名前・標高・距離を表示してくれます!

きむら

山を見つけたら、このアプリを立ち上げてしょっちゅうかざすようになったので、すっかり日本の山に詳しくなりました!

知っておきたいAR山ナビの2つの機能

このアプリのいいところは、シンプルで、使い方が難しくないところですが、知っておくと便利な機能があるので、2つほどお知らせしましょう。

山の表示を絞り込む機能

▼ちょっと山がぎゅうぎゅうで、わけわからなすぎ…という場合は

▼右下に見えるこのマークをタップし

▼表示範囲(km)や表示割合をスライドバーで調節することで、表示画面をすっきりさせることができます。

日本百名山を探してくれる機能

そして、この機能がとても楽しいんです。

▼右下の検索マーク(虫眼鏡マーク)をタップ。

▼比較的近くにある日本百名山をお知らせしてくれます。

▼気になる百名山をタップすると、ナビで「こっちの方向だよ〜」とお知らせしてくれます。

移動中に、車窓から見える山の名前を調べても楽しいです。お子さんでも簡単に操作できますから、家族旅行の際に使うと、お子さんが地理に興味を持つようになるかも!

きむら あきらこが提供するサービス

セミナー情報 仕事に活かすブログ教室
個別コンサルティング セミナー動画販売
無料メールマガジン プロフィール

まとめ

以上、旅を楽しくしてくれるアプリ・AR山ナビのご紹介でした。

きむら

旅に限らず、自宅から見える山を探したり、自宅からあの名山は何km離れているのか・どの方角なのか調べるのも、楽しいです。
そして、日本はつくづく山国で、100mに満たない小さな丘のような山にも名前がついているところに、ちょっと感動したりもします。

全機能が無料で使えるアプリで、広告を外す時だけ課金されます。お得ですよね。

あわせて読みたい関連記事

「国税庁URL変換器」国税庁ホームページの旧URLを新URLに変換するウェブサービス プロ野球贔屓チームの全試合日程を、Googleカレンダーにいとも簡単に登録する方法!(新仕様編) QRコードを利用したコンビニ納税がスタート(2019年1月4日より)

きむら あきらこ(木村聡子)の今日のひとこと

きむら
明日は、しずかみちこさんのストレングスファインダー のワークショップに参加します。今まではなかなか都合が合わず、やっと日程が合った待望のワークショップ。楽しんできます!