税理士きむらあきらこ(木村聡子)のバーチャルな研究所
きむら あきらこのセミナー情報

預金利息や配当の手取り額から所得税・復興特別所得税を逆算する方法(計算ツールつき)

こちらの記事は、会社の経理担当者や会計事務所の方向けです。

税理士のきむら あきらこ(@k_tax)です。

会社の税務会計実務では、預金利息や配当金の手取り額をもとに、税引き前の収入額と、差し引かれた税金の額を、逆算計算する必要があります。

きむら

復興特別所得税が導入されてから、この逆算計算がちょっと難しくなりました。そこで今回は、預金利息や配当金の手取り額から、所得税・復興特別所得税を逆算する方法について、まとめてみました。
このページ上で手軽に計算できるツールも作ったので、是非、ご活用ください!

預金利息や配当からは税金(所得税・復興特別所得税)が引かれている

毎年、2月と8月(もしくは3月と9月)に、会社の普通預金につく利息。この預金利息からは、税金が引かれています。

解約時や、定期預金等の利息からも、税金が引かれています。

預金利息額-税金(所得税・復興特別所得税15.315%)=預金利息手取り額

注意
納税準備預金や納税貯蓄組合預金の利息からは、税金は引かれません。

また、同じように、株式や出資の配当金等からも、税金が引かれています。

上場株配当金等-税金(所得税・復興特別所得税15.315%)=配当金等手取り額

非上場株・出資配当金等-税金(所得税・復興特別所得税20.42%)=配当金等手取り額

つまり、みなさんの会社の口座に入金されている利息や配当の額は、税金が引かれたあとの残額です。

スポンサー広告

税引き前の収入額と所得税額等をExcelで計算する方法

ところで、会社の経理や税務を担当している方は、預金利息や配当金の手取り額をもとに、税引き前の収入額と、所得税・復興特別所得税の額を、逆算計算する必要があります

なぜかというと、税引き前の預金利息額や配当金額を収入として計上し、控除されている税金を前払税金(仮払法人税等)として処理する必要があるからです。

その際に、間違いがないのが金融機関の計算明細を見ることですが、それが不明だったり入手できなかったりした場合には、手取り額から逆算計算をすることになりません。

預金利息、上場株配当金等

預金利息と上場株配当金等から引かれる税金は、率が同じ(15.315%)なので、逆算計算のしかたは同じです。

  1. まず、手取り額÷(1-15.315%)で税引き前の収入額を出し
  2. この税引き前の収入額に15.315%を掛けて国税を出し
  3. 次に、その国税に2.1を掛け102.1で割って復興所得税を算出し
    (算出結果に1円未満の端数があれば、五捨五超入しますので、0.5円までは切り捨て、0.5円超は切り上げ)
  4. そして、国税の額から復興所得税の額を引いた残りが所得税額になります

エクセル(Excel)で、一連の計算式を作った場合、次のようになります。

② =INT(A3/0.84685)
③ =INT(B3*0.15315)
④ =C3*2.1/102.1
⑤ =IF(D3-INT(D3)>0.5,INT(D3)+1,INT(D3))
⑥ =C3-E3

でも、今の法人税の申告では、所得税と復興所得税を分ける必要はないので、上記のエクセル(Excel)の式では、③まで計算すればことが足ります(ここまで引っ張っておいてスミマセン…)。

結論。エクセルで手取り額から逆算するには次の式をお使いください。

② =INT(A3/0.84685)
③ =INT(B3*0.15315)

非上場株・出資配当金等

非上場株・出資配当金等の逆算計算の場合は、次の式を使います。

② =INT(A3/0.7958)
③ =INT(B3*0.2042)

税引き前の収入額と所得税額等を電卓で計算する方法

もっと手軽に、電卓で逆算計算したい場合は、次のように電卓を入れます。

預金利息、上場株配当金等

手取り額÷84.685%=税引き前の収入額(小数点未満端数切捨て)
税引き前の収入額×15.315%=所得税・復興税額(小数点未満端数切捨て)

非上場株・出資配当金等

手取り額÷79.58%=税引き前の収入額(小数点未満端数切捨て)
税引き前の収入×20.42%=所得税・復興税額(小数点未満端数切捨て)

預金利息・配当等の税額計算ツール(このページ上で計算できます)

せっかくなので、このページ上で計算できるツールも作ってみました。

手取り額を入力すれば、自動で税引き前の収入額や税金の額が計算されます。

 

お役に立てば幸いです!


(参考)平成25年以降の所得税・復興特別所得税の税率改正

預金利息や配当から引かれる税金ですが、ここ数年、改正が激しかった部分です。

実務で過去の税計算をすることはあまりないかもしれませんが、参考までに、税率の移り変わりを記しておきます。太字が現在の税率です。

預金利息

平成27年(2015年)まで 平成28年(2016年)から
個人口座 所得税15%
復興特別所得税0.315%
地方税5%
法人口座 所得税15%
復興特別所得税0.315%
地方税5%
所得税15%
復興特別所得税0.315%

配当金等

平成25年(2013年)まで 平成26年(2014年)から
非上場株・出資配当金等の場合 所得税20%
復興特別所得税0.42%
上場株配当金等の場合 所得税7%
復興特別所得税0.147%
所得税15%
復興特別所得税0.315%

まとめ

きむら

この中で一番おすすめなのが、Excelで計算フォームを組んでおくこと。一度作ってしまえば、ラクですよ!

あわせて読みたい関連記事

税法用語の意味がわかるブログ(3)「法人(会社)の税額控除」

今日のつぶやき&次回のブログ更新は

事務所や自宅から歩いて2、3分のところに、スーパーがオープンしました。

今日初めて行ってみたのですが、期待以上にすごい店舗でワクワクしました。

特にお弁当が充実していて(野菜と雑穀のお弁当や、スープカレーバーまである!)、事務所で食事をすることが多い身としては、とても助かります。

きむら
次回のブログ更新は、そんな食いしん坊の私が送る、仕事の合間に立ち寄った洋食店の食レポです!
この記事を書いた人
きむら あきらこ
きむら あきらこ

木村聡子。税理士、オンラインサロン「仕事に活かすブログ教室」運営、著者、逆算手帳・認定シニア講師など様々な分野で活動中。著書は「あなたの1日は27時間になる。」(ダイヤモンド社)、「先輩に聞いてみよう! 税理士の仕事図鑑」(中央経済社)など。プロフィールはこちら