きむら あきらこのセミナー情報

いくら石狩鮨@佐藤水産(新千歳空港駅)〜美味しいだけでなく無添加の駅弁

時間・行動・お金をコントロールする術を、ブログでお伝えしています。税理士で逆算手帳・認定シニア講師のきむら あきらこ(@kimutax)です。

先日、仕事で北海道の石狩に行ってきました。新千歳空港を降りたあと、ゆっくり食事をする余裕もなく移動しなくてはならなかったので、新千歳空港駅で駅弁を購入。快速エアポートの車内で食べました。

きむら

その駅弁がとても美味しかったんです!さっそく紹介します。

佐藤水産のいくら石狩鮨

私が食した駅弁がこちら。

佐藤水産の「いくら石狩鮨」弁当。税込1,150円です。

「石狩鮨」弁当もあり、そちらは天然サーモンと蟹の2色の押鮨ですが、こちらのお弁当は、さらに「いくら」がプラスされたもの。

食いしん坊な私は、どうしても食べ物の種類が多い方を選んでしまいます。

電車に乗ったと同時に、早速待ちきれず、食べてみました!

いくら石狩鮨の中身

いくら

お弁当のお寿司のいくらとは思えないほど、つぶつぶが綺麗。

皮膜の部分のプチっとした歯ざわりからも、新鮮さがわかります。

味付けも濃すぎず、いくらの「たまごっぽさ」を存分に堪能できます。

ずわい蟹の身をほぐしたものが、たっぷり乗っていて、食べ応え十分。

ほのかな塩味で茹でられているので、これまたかにの身の味を、ストレートに味わうことができる!

いくら・かにエリアには、付属の醤油をかけないのが正解。

天然サーモン

ルイベ風の加工はしてあるけれど、生のサーモンの甘さが存分に味わえます。

実は、食べる前に付属の醤油を勢い余って、「ドバッ」とサーモン上に全部撒き散らしてしまったのでした(写真は全部、醤油をかけたあとの状態…)。その瞬間、薄味を好む私は、

「…しまった、失敗した」

と落胆したのです。

ところがこの醤油がとても美味しかった!薄口だけどたっぷりの旨味が魚の甘さを引き立ててくれる!

ひょっとすると、佐藤水産は魚醤(鮭醤油)も販売しているので、この醤油も同じものを使っているのかもしれません。

佐藤水産の駅弁は無添加!

そしてこのお弁当、何より感激したのが、鮨飯だったりします。

しっかりお酢がきいているのに、変なツーンとした感じがしない。そこで気になって調べてみたら…

原材料欄に、怪しい添加物や保存料の表記が一切無し。

あとで佐藤水産のホームページを確認したら、無添加であることにこだわっているようです。

無添加の駅弁は、とても珍しいことなんです。ありがたい!

まとめ

美味しいだけでなく、国産米や天然の鮭・蟹にこだわり、しかも添加物不使用という、佐藤水産の「いくら石狩鮨」のご紹介でした。

きむら

これからも新千歳空港で駅弁を買うなら、佐藤水産さんのものにしよう。

そう思いました。北海道の味覚も味わえるし、いいところずくしですね。

ガリ好きとしては、ガリも比較的たっぷり目なところも、気に入ったポイントです。

店舗情報

※お弁当は店頭受け取り限定で、事前予約もできるそうです。

あわせて読みたい関連記事

南部いろり庵@盛岡〜「もりおか三大麺セット」を新幹線改札まで徒歩1分の立地で味わう!

編集後記

「ゆっくり食事をする余裕もなく」と書いておきながら、この日、手稲駅についたら20分ほど時間があったので、本場の味噌ラーメンも食べました。旅に後悔は残したくないですからね!

そのお店でたまたま隣に座っていた、地元の女性と会話。

「東京では食べられないお味の味噌ラーメンですね〜」

などと、談笑。

きむら

こういった地元の方との会話も、旅の醍醐味ですね。ラーメンがより美味しく感じました。

ところが後日、そのラーメン店が東京にも進出していることを知りました…(笑)。

でも、いいんです。

なんでも、地元で食べるのが一番美味しい。