きむら あきらこのセミナー情報

中国料理・古月@新宿御苑〜本当に美味しいものは身体も心も前向きにする

税理士で逆算手帳・認定シニア講師のきむら あきらこ(@k_tax)です。

新宿御苑を目の前に臨む中華料理店・古月で、絶品ランチを顧問先様からご馳走になりました。

きむら

「高級営養薬膳師」でもある料理長の手による食養生の中華料理は
「体に良い」を極めると「美味」に繋がるということを、
改めて教えてくれました!
リピートしたいお店が、1件増えました。

中国料理 古月 新宿の外観

前々から、新宿御苑の顧問先様にお伺いするたび、気になっていたこちらのお店

今回、「確定申告の納めの日にランチでも」という提案をされた時に、迷わず

「あの中華料理店で!」

とリクエストしちゃいました。

▼赤い壁の感じやアプローチのインテリアが、モダンな印象。

どことなくコロニアルな雰囲気です。中国の最南部(嶺南地方)の料理を出すお店なので、そのイメージなのかもしれません。

▼お店は2階にあります。昇ると、ユーモラスなカエルの置物がお出迎え。

▼数々の自家製養生酒。この日は仕事中につき断念しましたが、次回は飲んでみたい!

■ スポンサー広告 ■

中国料理 古月 新宿の内観とランチメニュー

13時頃に来店。ラッキーなことに、窓際の席に通してもらえました!

▼新宿御苑が、道を挟んですぐ向かい側。

13時を回っても客足が途切れることはなく、時にはウェイティングするほど。人気のほどが伺えます。

この日は、顧問先様のおすすめで、ランチコース(税込3,000円)をいただくことに。

コースの内容は

  • ミニサラダ
  • 前菜3種盛り合わせ
  • 季節の養生スープ
  • 手作り点心
  • メインディッシュを次の3品の中から一品

お肉のお料理

四川マーラー豆腐

海鮮のお料理

  • ご飯、おしんこ
  • デザート

きむら

この他に、1,200円のランチもあります。立地や高級感を考えると、とてもリーズナブルです。

メインディッシュは、顧問先様の強い推薦で四川マーラー豆腐を選びました。

ちなみに、こちらのお店
「美味しく食べて心身ともに健やかに」
をうたっていて、お店のホームページによると

中国の伝統的な医学では、薬と食べものは同一線上にあります。体調を整えるのは何も薬だけではない、食べものにもその力は宿ります。
所謂「漢方薬」を使わなくても「食材」を選んで組み合わせることで美味だけにとどまらない、人を養う料理足り得ます。中国料理にはその知恵や経験も蓄積されているのです。
皆様に、中国料理の未知の一面を私がご案内いたします。

とのこと。

本格的な薬膳の中華を食べるのは滅多にない経験。さて、どんなお料理が出てくるのでしょうか。

古月のランチコースは価格(3,000円)以上の価値あり!!

▼まずはミニサラダ

ほんとうに「ミニ」なサラダなのですが、様々なリーフが入っていて、どれも柔らかでみずみずしい。

クルミをアクセントに使い、胡麻油のドレッシングが、野菜の生命力を感じさせる香りを一層引き立てています。

前菜3種盛り合わせ。美しい器に乗せられて。

古月さんは、器も全部素敵。

▼ネギ塩が乗った蒸し鶏の冷製。柔らかく、口の中でほろっとほどけます。

くらげの酢の物。対照的に、今度はコリコリした歯ざわりを楽しむ。

百合根とふきのとう 卵焼き。ほろ苦さとホクっとした甘さのハーモニー。

小さな前菜も一切手を抜かず、冷たいものは冷たく、温かいものは温かい器に盛り付けられているんです。

お店の誠実さが、伝わります。

季節の養生スープ。具材を左のタレにつけて食べるという、珍しいスタイル。

▼落花生、レバー、ビーツ、豚肉など具沢山。

具は、中国医学に基づき、身体に良い作用をもたらす旬の食材を取り入れるので、季節によって変わるそうです。

▼根菜の旨味が溶け出したスープは、思わず頰が緩んでしまう優しい味。

ここまで食べて気づいたのが、古月さんのお料理は「塩分」を感じさせないのです。

すべて、食材や油の香り・旨味を活かした味付け。

だからと言って味気ないわけではなく、かえって豊かさを感じさせます。

▼養生スープの骨つきの豚肉をタレにつけて。これまた箸で崩すことができるほど、柔らかく煮込まれています。

手作り点心。ほうれん草のシュウマイ。

もちもちの手作りの皮の中に、ほうれん草がぎゅうぎゅうに詰まっていました。あと、中に詰まっていたのは、おそらく干し豆腐の千切り。

▼そして、待ってました四川マーラー豆腐

1人1人、アツアツの土鍋に入れられて、グツグツいっているところを提供されます。運ばれてきた瞬間、思わず歓声をあげてしまった!

このグツグツ感をおすそ分けしたく。動画もとってみました。

お味は、他の料理同様、辛いんだけど塩辛さが全くありません。

山椒のさわやかさと、豆板醤のふくよかな旨味でご飯が進みます。

あと、古月さんは「油づかい」が素晴らしい。

どの料理にも油がしっかり使われているけれど、しつこさを感じない。きっと良質で新鮮な油を使っているのだろうなと感じました。

「中華料理は、油っこいので苦手」

という方も、古月さんのお料理であれば大丈夫出です。きっと。

いちごの杏仁豆腐で〆。

お隣の席の方が「いちごミルクみがある」と言っていたけれど、まさに(笑)。

子どもの頃、いちごをつぶしてミルクと飲んだ、あのお味。これまた甘さ控えめで、お腹いっぱいになった後の口休めにぴったりでした。

一品一品、味覚も心も満たされるような感覚を覚える、素晴らしいコース料理。

これで税込3,000円とは。信じられない、良心的すぎるというのが、素直な感想です。

■ スポンサー広告 ■

まとめ

実はこの日、前々日あたりからしんどいこと続きで心は塞ぎ込んでいました。

もちろん、顧問先様との仕事はしっかりしたけれど…。

心の端っこでは
「中華を食べる気分じゃないな。お客様に言って、昼食は辞退しようかな」
と思いながらも、いやいや、言い出しっぺなのにそういうワガママ良くないと思い、当初の予定どおり古月にお伺いしたのですが…

きむら

結論は、行って良かった。
なぜなら、古月の料理を食べているうちに

元気になり、話が弾み、知らないうちに笑顔になっていたから。

豊かな食材を使った料理と、人との会話は、心を前向きにするんですね。

古月さんと顧問先さまには、心から感謝です。

店舗情報

参考 トップページ「中国料理 古月 新宿」

関連ランキング:中華料理 | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅千駄ケ谷駅

あわせて読みたい関連記事

ミンスクの台所@六本木一丁目〜東京唯一のベラルーシ料理店で絶品キエフ風カツレツを食す せんごく@本郷店〜風情ある洋食屋でのハンバーグは「せんごくバター」で頂くのがおすすめ サンバレーホテル@三軒茶屋 ~世田谷屈指のカレーの名店で南インド料理の繊細な美味さを知る!

今日のつぶやき&次回のブログ更新は

毎週土曜日限定で、twitterで「褒めて断つ」をやってます。

あなたのブログの記事の良いところと工夫すべき点をワンポイントアドバイスしております。

ブロガーのみなさま、褒め上手な私にあなたのブログを、是非、褒めさせてください(^-^)

きむら
次回のブログ更新は、開業したての頃、社長に一括されたエピソードについて!